HOME > News > 10ページ目

News 10ページ目

STORY128 ■WOOD FURNITURE AWARD2016 『TAKUMI賞』受賞

img_2456.jpg
WOOD FURNITURE JAPAN AWARD 2016(以下WFJA2016)の審査・表彰が
本日表参道のスパイラルホールで行われました。

KOMAが出品した椅子が (100年杉を使用したcocoda chair。詳細はstory127をご覧下さい)
特に木工技術の秀でたものに贈られる『TAKUMI賞』を受賞いたしました。

表彰されるのはほとんどが大企業の中、職人の腕一本からはじまった小さい工房が受賞した事はとても喜ばしいことです。
展示中のcocoda chairが心なしか誇らしげに佇んでいるように見えます。笑
ありがとうございました。
img_2455.jpg3月4日(金) 審査・表彰・プレスビュー
3月4日(金) 5日(土)  一般公開
場所:南青山スパイラルホール

ウッドファニチャー賞についての詳細→http://woodfurniture.jp

STORY127 ■WOOD FURNITURE AWARD2016 フランス展示

img_2014.jpgWOOD FURNITURE JAPAN AWARD 2016(以下WFJA2016)のフランス展示が,
1月20日(水) 21日(木)にパリで行われました。

誠実な木材を使い、日本の技術で丹念に作り上げた家具を募集対象としたWFJA2016。
応募総数61点の中から選ばれた20選を今回展示していただきました。
9099co1.jpgKOMAが出品したのは100年杉のcocoda chair。
全ての部材、加工に意味があり、1㎜、1gでも無駄を削ぎ、長時間の快適性、永年の耐久性、取り回しやすい軽量など、
求められる機能を最大限に満たしながら最小限の木材と肉厚で構成し本当のシンプルを追求した椅子です。
杉は100年の歳月をかけて大切に育てられた三重県尾鷲産出の尾鷲杉を使用。
一般的な杉に比べ比重が大きく強度があり、45°の低温乾燥により油分を失わず木材の『ねばり』を保持しています。
無駄を最小限にし、目的を最大限に叶えるため、意匠を凝らし手技を尽くす日本の『削ぎ落としの美』を大切に創りました。
通常のcocoda chairをさらに削ぎ落としたデザインになっています。

ヨーロッパ展示の後国内展示で最終審査・表彰があります。
ドキドキ・・・・!

3月4日(金) 審査・表彰・プレスビュー
3月4日(金) 5日(土)  一般公開
場所:南青山スパイラルホール

STORY126 ■メープルダイニングチェア

20160125001.jpg

明るいナチュラルカラーで統一されたとても素敵な空間のK様邸。
メープルの椅子が昔からそこにあるように、お部屋にしっくりと馴染んでいます。
『木の真珠』とも讃えられるほど上品な木肌を持つメープル。
ボーリング場のレーンにも使われていて、固く、粘りがあり衝撃に強い材です。

一緒にご注文いただいた8スツールの赤い色もアクセントになってとてもいい感じですね。

以前は全て同じ椅子で揃える方が多かったですが、最近はご家族の方がそれぞれ好きな椅子を選んだり、
あえて違う椅子を選んで表情を楽しまれる方がとても多いです。
K様邸も4脚中3脚を違う椅子で選ばれていました。

こちらはsui arm chair 2013。
後ろ姿がとても美しい椅子です。アームは長過ぎず短すぎず使いやすい長さ。
お食事の後ゆっくりお酒を飲んだり長時間くつろいで座るようですとやはりアーム付きが座りやすいです。

20160125002.jpg

反対側にはsim chair(手前)とsui chair2013(奥)を配しています。
種類が違ってもテイストが同じなので全く違和感がないですよね。

20160125003.jpg

納品時、木肌のすべすべをとても気持ち良さそうに触っていらっしゃったK様。
この度はありがとうございました。


*sui chair2013とsui arm chair2013は2016年度版が完成後生産終了の予定となっております。
気になっている方はお早めにご検討ください。

STORY125 ウォールナット丸テーブル&ハイスツール

20160118001.jpg

先日お納めしたN様邸。
とても背が高いN様、今回はハイスツールとハイスツールに合わせたテーブルをオーダーでお作りしました。
お持ちになれれたイメージのお写真にKOMAらしさを加えたデザインです。
ウォールナットのテーブルは1200φで4人が座れるサイズ。
高さ880でお作りしました。
天板の仕様はKOMAスタンダードです。

20160118002.jpg

ウォールナットのハイスツールはH610でお作りしました。
しっかりとした厚みの座面はとても存在感があります。
職人が手道具で削り出してお作りしてるので有機的な形が印象的です。

20160118003.jpg

すっきりとしたお部屋に家具がとても映えていますね。

20160118004.jpg

現在製品にラインナップのないハイスツールですが、お問い合わせが多いので今後製品化する予定です。
お楽しみに。(今回のものとは少し形が変わる予定です。)

STORY124 ウォールナットダイニング&ソファ

20160110001.jpg

昨年末にお納めしたK様邸。
まるでショールームのような素敵なお部屋です。

今回はお納めしたほとんどはセミオーダーでのご注文でした。

まずはソファ。
2階がリビングでしたので搬入経路などを考えてW2400→W2100に変更しました。
前からみると分かりませんが後ろの木部がかなり立派で、グラスなど置く事もできるソファです。
ソファの詳細はstory108をご覧ください。
クッションは元々4色がセットなのですが、たくさん置きたいということで3つ追加でお作りしました。

20160110002.jpg

ソファ前の小さいテーブル。
・・・・実はこれ、もともとスツールなのです。
ソファ前にテーブルを置く程ではないけれど、ちょっとした置くスペースが欲しいし、大人数が集まる時には
スツールも必要なので、これはどうだろうとpick stool L(右)をご覧になっていました。
ふたつくらい置きたいとのことでしたので、ではぴったり並べられるようにもう一つのスツールを
あうようにカットしましょうか?とご提案したところ、それはおもしろい!!!とK様。
完成して並べてみると、脚のラインがなんとも個性的なミニテーブルになりました。
手軽に持ち運びもできるので、とても便利です。

20160110003.jpg

eggテーブル
eggテーブルはもともと椅子が2脚しか入らない作りになっています。
椅子を4脚いれたいが、スペースもあまり取りたくないのでW1300くらいで4脚入るようにしたいというご希望でした。
eggテーブルはセパレートできるテーブルなのですが、セパレート部分の形を変更し脚の位置を調整し
ご希望にあうテーブルになりました。(写真がぼけててすみません!)

20160110004.jpg

eggテーブルに合わせているのはsui2013のアームとレスです。
今年sui2016を発売予定で、2016が発売になると2013は製品のラインナップから今のところ無くなってしまう予定なので
気になっている方はお早めの方がよろしいかと思います。
KOMAは新作を出すサイクルが早く、どんどん商品が新しいものに変わっていきます。
そこには、常にその時持てる技術の最高のものを提供したいという職人の想いがあります。

最後にtie chair。(写真左側のベンチです。)
アームの位置が通常は右側なのですが、テレビを見やすいように左側に変更しました。

20160110005.jpg

生活のスタイルに合わせて細やかにご対応が可能ですので
お気軽にご相談ください。
 

STORY123■あけまして

20160102.jpg
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。
 
新年を迎えて最初に眺めた富士山。
初日の出の直前、ピンク色に染まってとても美しかったです。
皆様はどんな新年を迎えられましたでしょうか。
 
工房の方では早速2016年の新作を進めております。
『理』がうむ『美』をつきつめてつきつめて・・・
求めるのは一寸の無駄もないもの、そして心に響く音楽みたいな家具。
今年はよりシンプルを追求していきます。
 
お楽しみに。
 
KOMAではFacebookやインスタグラム、ブログ、YouTube ,Twitterで情報を発信しています。
どんな風につくられているのか、どんな思いでうまれているのか、
どんな人が創っているのか・・・背景を知るとまたひと味違った見え方がして面白いですよ。
 
 
            Facebookページ https://www.facebook.com/koma.co.ltd?fref=ts
         インスタグラム  https://www.instagram.com/koma.furniture
         家具職人松岡茂樹のブログ http://www.koma.gs/about/matsuoka.html
            You Tube  https://www.youtube.com/channel/UCtQtVELtfXwAGviQKCytn5
            Twitter https://twitter.com/komashop1 
 
 

STORY122■一年を振り返って

20151231.png
2015年も今日で終わり。
振り返ってみると今年はありがたい機会と受賞に恵まれた年でした。
 
TV『キズナのチカラ』密着取材に始まり、ミラノ万博ジャパンサローネでの家具展示
経産省のThe Wonder 500™に認定、フランス・パリのデザインウィークでの展示
林野庁後援のウッドデザイン賞『奨励賞』受賞、ウッドファニチャー賞フランス展示の20点に選出。
 
今までたくさんの椅子を作っきたKOMAですが、
2015年初めて作った量産できる椅子sim arm chairが多くの評価をいただき
感謝の気持ちでいっぱいです。
 
2016年はどんな年になるでしょうか。
KOMA 一同新たに気持ちを引き締めてまいりますので、
来年もどうぞどうぞ・・・よろしくお願いいたします。
皆様、良い年をお迎えくださいませ。
 
KOMA shopは1月6日(水)から営業いたします。
 

STORY121■instagramはじめました

20151213.png
KOMAのinstagramはじめました。
普段見られない家具の制作風景や、職人のこと、道具・・・・色々アップしています。
インスタ部のメンバーが工房から、shopから日々発信していますのでぜひ覗いてみてください。
 
koma.furniture
https://www.instagram.com/koma.furniture/
 

STORY120■ウッドデザイン賞『奨励賞』受賞

20151124001.jpg
20151210001.jpg

Wood Design Award 2015
林野庁のウッドデザイン賞でsim arm chair(杉VER.)が「奨励賞」を受賞しました。

800を超える応募数で大企業や県などの木材利用における大きなプロジェクトに対して、
木製椅子1脚のKOMAが上位賞をいただけた事は、我々に限らず脈々と繋がってきた
日本の木工職人達の突き詰める姿勢が評価されたのだと思います。
世界でも類を見ない日本の木工技術がより多くの場面で活躍する機会を創る為、
進化させ、より輝かせ、先人達から受け継いだバトンを最高の形で後輩達に渡す事が
現役である俺たちの使命であると思っています。
もっともっとガンバルぞーー!

20151210002.jpg
 

STORY119■ウッドデザイン賞受賞

20151124001.jpg

第一回ウッドデザイン賞2015を受賞しました。

ウッドデザイン賞(後援:林野庁)は、木の良さや価値を再発見させる製品や取り組みについて、
特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する今年創設された新しい顕彰制度です。
これによって木のある豊かな暮らしが普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、
木材利用が進む事を目的としています。

今回受賞したのは2点。
『sim arm chair』と『cocoda chair』(いずれも100年杉ver.)。

800点を超す応募は木製品に限らず木材利用ビジネスや空間等、木に関わる様々な取り組みが対象となりました。

受賞作の中から農林水産大臣賞等上位賞が選定され、12月10日に発表されます。
狙うは上位賞。今からドキドキです・・・!

20151124002.jpg

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ