HOME > News > 7ページ目

News 7ページ目

story158■プレオープンしました

新SHOPプレオープンしました!
天井が高く、大きな窓からは太陽がさんさんとふり注ぐ心地よい空間です。
オープニングパーティーは12月を予定しています。
どなた様も気軽にご参加いただければと思っております。
あらためて意識を高く持って精進してまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
KOMA一同
image.jpg
 

story157■新店舗準備中

無垢家具|新店舗|作業
只今荻窪新店舗の内装工事中。
アトリエ感のある店舗内装を目指し、仲間達でDIYしています。
西荻店舗も自分たちで床を張ったり、珪藻土を塗ったりして作ったのがとても懐かしい。
工事中のため14日まで店舗はお休みです。
お問い合わせはメールにてお願いいたします。



 

story156■感謝の3年半

無垢家具|ダイニング|店舗外観2013年3月
西荻窪にopenした念願の直営店。

2016年10月2日
移転のため本日をもってcloseします。

たくさんの出会いにただただ感謝の3年半。
本当にありがとうございました。

2016年10月15日
荻窪店プレオープン。
広くなった店舗で皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

荻窪店
杉並区上荻1-24-10 1F







 

story155■手道具

無垢家具|職人|手道具
ずらりと並んだ手道具たち。
買ってきてすぐ使えるものもあれば使えないものもあります。
刃物は基本的に後者です。
新人が初めて買った鉋などは、最初の研ぎで大抵が鉄クズになります。
そこから道具との付き合いがはじまります。
時間と努力を注いだ道具は特別な存在です。

story154■日本の技が創る超軽量家具

無垢家具|ダイニング|日本の技

スツール1000g以下、椅子2000g以下、テーブル3000g以下と超軽量でありながら快適性、耐久性を実現した椅子が完成しました。

広葉樹と針葉樹それぞれの特性を活かしたハイブリッドな家具です。
強度が必要なフレーム部には広葉樹の硬度と粘度を活かし細く仕上げると同時に
椅子の背部は弾力のあるクッション性を表現し、
直接体が触れる部分であり体積が大きい座面や天板などの面部は
杉の軽さと同時に柔らかく温もりが体感できるなど、
軽量、耐久、快適全ての要素の為に木材それぞれの特性を活かしています。

古来より日本で育まれてきた高い木工技術を用い、
全ての部材の形状や角度、構造や組手の細部まで意味を持たせる工夫が凝らされています。

高機能でありながら1㎜でも1gでも無駄を無くす日本の美意識「削ぎ落としの美」を追求した椅子です。

 

story153■店舗移転

店舗を探し始めて早1年。
ようやっとこれだ!と思える物件に出会いました。
今までよりも広くて天井の高いスペース、どんな店舗になるかお楽しみに・・・!

現在の西荻店舗は10月2日(日)まで。
荻窪新店舗は10月15日(土)プレオープン。
12月8日(木)グランドオープンです。

shinntennpo.jpg

 

story■152メンテナンスキット販売開始

無垢家具|メンテキット中身
大切な家具をより美しく、より永く使っていただけるためにメンテナンスキットの販売を始めました。
シミやキズ、ザラつきが気になる場合にご使用いただく研磨等のメンテナンスに必要なアイテムが
セットになったメンテナンスキットです。

無垢家具|ダイニング|メンテナンスオイル
セット内容のオイルワックスは、ドイツクライデツァイト社の安全で人と環境に優しい自然由来のもの。
工房でも使用しているこちらは、様々な種類を試して辿りついたおすすめ品です。

キット内容
ドイツクライデツァイト社製ハードクリアオイル 125ml
ドイツクライデツァイト社製ラッペンワックス 180ml
紙ヤスリ#120 #240 #400 #600
あて木
ウェス
ゴム手袋
説明書

オンラインストアからお買い求めいただけます。
https://stores.jp/dashboard#!/items/57ecad3741f8e83f9b000caa

*通常のお手入れは御使用の状況により異なりますが、
年に1〜2回施すワックスのお手入れのみで十分です。ワックスのみの販売もしております。
*ウレタン塗装の家具、オイル仕上げでも突板の家具にはご使用いただけません。

story151■ケヤキの一枚板のTVボード

個性的な形をしたケヤキの一枚板。
30年自然乾燥させたとても上質な一枚が手に入りました。
さて、なにを創ろうか。。。
無垢家具|一枚板|ケヤキ
自然の形状を活かしつつ民芸品にならないように一枚板をシャープに削りこむ。
無垢家具|一枚板|ケヤキ削り込み
極めて細い木組みのフレームを組み合わせ・・・
無垢家具|一枚板|フレーム
TV台が完成しました。
近年ケヤキは洋室に合わないから人気がないんだと材料やのオヤジさんが言っていたけど
コレならどうだ!笑
無垢家具|一枚板|前アップ
入り組んだ木目がとても美しいTV台。
磨くほどさらに美しさを増していきます。

新宿伊勢丹5Fアートフレームにて、9月26日まで限定1台展示販売中。
世界に一つの一点ものです。
無垢家具|一枚板|アートフレーム|斜め
 

story150■店舗拡大のため移転します

tennnai.jpg

手狭になってしまったため、新しい物件を探し始めて早1年。
ようやっと気に入った新しい店舗と出会うことができました。

自分たちで無垢の木を張った床や、珪藻土で壁を塗り作った愛着のある現店舗。
西荻窪というゆっくりした空気が流れる土地柄も大好きでした。
この場所での営業はあと1ヶ月ほど。
ちょっぴりさみしいです。

縁あって決まった次の移転先は荻窪。
今までより広くなりますので、楽しみにしていてください。
オープンは10月頃を予定しています。
 

story149■ワークショップレポート

8月28日に開催したワークショップ。
みんなでワイワイ楽しく和やかに行われました。

workshop0828.jpg
今回製作したのは起き上がり小法師。(ペーパーウエイトとしても使えます!)
起き上がり小法師は、福島県の会津地方に古くから伝わる縁起物、郷土玩具の一つで、
何度倒しても起き上がることから、『七転八起』の精神を含有しており、
『無病息災』『家内安全』の縁起物としても有名です。

ワークショップに訪れた皆様。
荒削りまでの状態の起き上がり小法師と完成品(左)を見比べて、これが今日中に
こんなになるのですか?楽しみ!と始める前からワクワクしたご様子。


無垢家具|こぼし|磨く前後

さて作業開始。
まずは120番の紙ヤスリを使って木目の方向に削っていきます。
この行程が一番大変で、なかなかつるんとした卵型にするのは難しい。
講師の舞ちゃんにチェックをしてもらいOKが出たら次の行程へ。


workshop08283.jpg

120番をクリアすればあとは240番400番600番とだんだんつるつるになっていく手触りを楽しみながらの作業。
子供の頃によく作った泥だんごを思い出しました。笑

最後にオイルとワックスを塗って、かわいい卵型の起き上がり小法師の完成!
できあがったこぼしを眺めて、性格が出てる〜!!!なんてみんなで盛り上がりました。


無垢|ウォールナット|こぼし

今回のワークショップは家具の仕上げと同じ工程を体験できますので、
製作を通してオイル仕上げの無垢家具のメンテナンス方法を学ぶことができるという内容でした。

ご参加いただいた方々から、また参加します!との嬉しいお声が。
本当ありがとうございました。

また色々楽しい企画をしますのでよろしくお願いします。



 

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ