HOME > News > 5ページ目

News 5ページ目

story181■動画
KOMAの椅子ができるまで


新作cocoda chair 2017の製作しているところを4分の動画にしました。

KOMAの製品は代表の松岡がデザインをしています。
動画は図面を描くところからスタート。
以前はパソコンを使っても描いていましたが、手描きだから表現できるクリエーションがあると松岡は言います。
また手描きの方がお客様が喜んでいただけたり、伝わりやすいので現在は手描きの図面にこだわって描いています。
水彩で色をつけて図面の完成です。

次に原寸をひき、型を作り、脚の製作、アームの製作。
職人がひとつひとつ手作業でパーツを製作していきます。


そしてラストはKOMAの真骨頂とも言うべき手道具を使った仕上げです。
刀、大きな寸八鉋、Rがついた反り鉋、小さな豆鉋、両手を使って削る南京鉋など様々な手道具を使い、
一刀一刀木目の方向を読みながら押したり引いたり刃の入れ方を変え削り出していきます。

一瞬登場するだけですが、刃物での削りの後は5種類のサンドペーパーをかけていきます。

『目より手の感覚の方がより正確』と触って最終確認。
動画には登場していませんが、下地→オイル→ワックスを塗って仕上げています。

淀みなくリズミカルに・・・無駄のない動きで頭の中のイメージをカタチにしていく様は圧巻。
新しいものを『生み出す』時の集中力、エネルギー、ビリビリするような緊張感まで伝わってくる動画です。



cocoda chair 2017はKOMA shopに展示しています。
cocoda chair 2017の詳細はこちら

KOMAでは他にも『テーブルができるまで』等動画を配信しています。
その他のmovieはこちら
 

story180 ■納品事例
無垢の木のフレームが美しいソファ

ウォールナット|無垢家具|tiesofa後ろ
先日こちらのソファのブルーをお客様のお宅へ納品しました。
色々なお店にソファを探しに行ったそうですが、
やっぱり・・・とKOMAのソファを選んでくださったそうです。嬉しいです〜!
玄関からの搬入ができるかしら?とご心配されていたお客様でしたが、
リビングの扉を外せば問題なく搬入できました。

W3100のリビングのスペースにW1800のこちらのソファを置き、
さらに両サイドに通路を確保するように設置。
設置前に何度もシュミレーションをしていたそうですが、
思ったよりも圧迫感を感じずこれにして大正解!とお客様。
シート部分はW1800あるのですが、
背もたれ部分はそれよりも小さくデザインされているのですっきり見えるのです。
クッションを外して直に背もたれに寄りかかっても快適。
これもKOMAのソファだからと大変喜んでいただけました。
『大切に大切に使用します。ただひとつの悩みは、部屋が快適すぎて外出をしなくなる事。笑』とお客様。
その他のインテリアもすごく素敵なお部屋なんです。
とても仲がいい御夫婦、家時間をゆっくりお楽しみください。
この度は本当にありがとうございました。

tie sofaの詳細はこちらのページをご覧ください。
ウォールナット|無垢家具|tiesofa後ろ







 

story179■ワークショップ
豆皿をつくろう

家具に使われるウォールナットやチェリーなどの上質な無垢材を使ってつくる
豆皿作りのワークショップを行います。

職人が使う鑿や小鉋をつかって丁寧にひと彫りひと削り。。。

少しの力加減で表情が変わり、使い心地が変わる手仕事の豆皿。

ひとりひとり個性が出るワークショップです。
 


mamezara.jpg
 

作業内容:お好きな樹種を選んで頂き、カタチをデザインします。彫刻刀や小鉋を使って木を掘っていきます。

カットして形ができたらサンドペパーできれいに仕上げて、オイルを塗込み完成です。
 

日時 : 4月 2日(日)

10:00 ~ 12:30

14:30 ~ 17:00

※午前、午後ともに定員に達しました。ありがとうございます。
 

講師 : 武内舞子
 

場所 :KOMA SHOP (東京都杉並区上荻1-24-10 1F ) TEL:03-6383-5585


 料金 :4,000円

定員 :各10名


持ち物:特に無し。汚れても良い服装でお越し下さい。


ご予約はこちらから
お問い合わせ内容の欄に参加希望のお時間と人数をご明記ください。
 

[ワークショップ注意事項]

○ 定員になり次第、お申し込みは終了させて頂きます。

ワークショップ開始10分前までに、受付をお済ませ下さい。

余裕を持ったスケジュールでお越しください。


story179■一点もの
ケヤキの一枚板ベンチ

keyakibench.jpg

とても個性のある木目のケヤキの一枚板。

『最近は洋の家が多いから、和っぽいケヤキは売りづらいんだよ』
と材料やさんのオヤジさん。
『じゃあ洋にも合うケヤキの家具を創ろうじゃないか』

と職人魂に火がついたようです。

木目の表情がすごい一枚。
keyaki2Mar 20 2017.jpg

あちこちに埋め木を施し職人の技を感じる事ができます。
keyaki1.jpg

穴が空いていたり節があったり。
どれも
自然が創り出した個性豊かなカタチ。
職人が手を加え、個性を生かしより美しく・・・
そんな職人の想いがぎゅっとつまっています。

詳細はこちら






 

story178■限定椅子
黒木国昭×TORAY×KOMA

世界で活躍するるガラス作家の黒木国昭氏。
西洋の素材であるガラスと、現代の感性で昇華した「琳派』を融合し、唯一無二の作品を創り出す日本を代表するガラス作家です、

KOMA shopで展示中の黒木氏の作品。
じっと見入ってしまう美しさです。

Image-1.jpg

太古より日本人は美しい自然風土に暮らし、季節に織りなす美に感性を磨き、洗練を極めてきました。
そんな日本の美意識から生まれた『琳派』を、輝きと色褪せる事のないガラスで表現している黒木氏の『光琳』を
TORAYのテクノロジーが生んだ世界が認める最高級素材『ウルトラスエード』で表現。
座面にする事で、日常の生活で美しい世界を体感することができます。
時を超え継承された日本の美。
光琳に託されたメッセージをこの椅子に座って感じてください。

Image-2.jpg

幅広の背もたれが背中をゆったりと包みこんでくれます。
職人が手道具を駆使した削り出した美しい椅子です。
優しい座り心地に、美しい模様、ウルトラスエードの心地よい質感をお楽しみください。

chairkorabo.jpg

korabochairmae.jpg

korabochairback.jpg

黒木国昭×TORAY×KOMAコラボチェア ¥350,000(税別)1脚限り
椅子の詳細はこちら
グラスアート黒木のHPはこちら
TORAYウルトラスエードのHPはこちら












 

story177■納品事例
オーダー家具

FullSizeRender.jpg

先日お納めしたウォールナットのリビングボード。
窓の高さに合わせて、スペースに合わせてでお作りしました。
窓から見える緑がとても綺麗ですね。
ピッタリサイズでお作りするとお部屋もすっきりとした印象になります。

無垢材で框を組んでお作りした仕様で高級感を感じるボードになりました。
とても気に入っていただき、追加のご発注も頂き嬉しく思います。

オーダー家具というとちょっと敷居が高く感じてしまうという方多いですが、ぜひお気軽に御相談ください。
どのようにお願いしたらいいか分からないという方も多いと思いますので簡単に流れをご説明しますね。

まずは作りたいサイズや仕様のご希望をお伝えください。
概算でお見積もりをお出しします。
(メールからでももちろんOKです。お見積もりは10日前後頂戴しております。)
気に入っていただけましたら次のステップへ。
(必要な場合は実際にお伺いして現調します。)
図面の製作に入り、細かなやり取りをします。
図面を見てもっとここをこうしたい等ございましたらお伝えください。
最終的に全て気に入っていただけましたらご入金、ご入金をもって正式発注となります。
(全額前金となっております。)

世界にひとつのオーダー家具ですから、ルンバを入れるスペースが欲しい、ゴミ箱を入れる場所が欲しい、
ウォーターサーバースペースが欲しい等あったらいいなを形にします。
ぜひお気軽に御相談ください。
















 
 

story176■納品事例
ウォールナットのダイニングテーブル

IMG_7509.jpg

w3000×1000の大きなウォールナットのダイニングテーブルをお納めしました。
お手持ちの椅子の高さに合わせ、テーブルの脚をカット。
天井が高く、テーブルが低いのでサイズが大きいテーブルですが全く圧迫感がなく広々とした印象です。

C5EymuDUcAEmJro.jpg

KOMAの代名詞とも言える木目合わせがとても美しい天板です。
木目合わせって何?という方もいらしゃると思いますので簡単に説明させていただきますね。
一枚板以外の天板は何枚かの板を接ぎ合わせて天板にします。
テーブルの奥行きにもよりますが、KOMAではだいたい4枚前後の板を接ぎ合わせて作ります。
その際に、板をどう合わせたら木目の流れが美しいかという事にとても意識して接ぎ合わせます。
4枚接ぎの場合、倍以上の板を並べ、木目の流れを読み、どう組み合わせるかじっくり考え作業します。
この木目合わせができるのは、工房でも熟練の職人のみです。
職人が『よりいいもの』を目指し手をかけ作った天板からは躍動感を感じていただけます。
一般に、何も意識せずにただ接ぎ合わせた天板をよく見かけますが、同じ材でも全く別物に感じるほど違いは一目瞭然です。

C5E0R4wUkAEEajI.jpg

コンクリートの壁とウォールナットの相性は抜群ですね。
とてもかっこいい空間に。

今回お納めした天板は一番人気のKOMAシェイプ仕様です。
天板の端を鉋で削ぎ落とし、軽やかさと何とも言えない柔らかみを感じていただけます。
ひとつひとつ鉋で仕上げるのがこだわりのKOMAのテーブル。
有機的な平面は、機械でつくった平面にはない『何か』を感じていただけます。

ぜひshopで体感してみてください。

KOMAのテーブルの製造工程の動画はこちら
https://youtu.be/Yd-TYaes3JA









 

story175■ワークショップ
カッティングボードつくり

wokshop1.jpg

先日行われた家具材からつくるカッティングボードワークショップ。
あっという間に予約が埋まった今回、たくさんの方にご参加いただき大盛況でした。
ありがとうございます!

まずは材料選び。チェリーやウォールナット、オーク等銘木がズラリ。
どれにしようかな〜。

wokshop2.jpg

材料が決まったら鉛筆で好きな形を描きます。
形が決まったら早速カット。バンドソーやのこぎりを使ってベースの形を作ります。

workshop6.jpg   wokshop5.jpg

鉋やヤスリ、紙ヤスリ、トリマー、ボール盤等使い、イメージする形に近づけていきます。
紙ヤスリは今回120番、240番、400番を使いました。
筋肉痛になる〜!とみなさん紙ヤスリの工程が一番大変だったようです。
(通常KOMAの家具は80番、120番、240番、400番、600番の5工程あるとお伝えすると、それは大変だわ〜とびっくりされていました。)
目が細かくなるにつれてだんだんとスベスベの肌触りに・・・!
気持ちいい〜!とみなさんスリスリ。

wokshop4.jpg  workshop7.jpg

最後にオイルとワックスを塗りこみ・・・

workshopoil.jpg

ついに完成!
思い思いの形、世界にひとつのオリジナルカッティングボード。
個性が出てますね。講師の厳しいチェックもあり!?とてもクオリティの高い作品ができました!
本当にどれもとても素敵です♪

皆様の作品。
w1.jpg  w2.jpg  w3.jpg  w4.jpg

w5.jpg
  w6.jpg  w7.jpg  w8.jpg

w10.jpg  w11.jpg  w9.jpg  w12.jpg

w14.jpg  w15.jpg  w16.jpg  w17.jpg

w18.jpg  w19.jpg  w20.jpg  w21.jpg

w22.jpg  w23.jpg  w24.jpg  w25.jpg  

ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました!
とても楽しかったです!と喜んでいただけてよかったです。

最後は皆で記念写真!

workshop8.jpg

workshop9.jpg

ご参加いただいたお客様よりをカッティングボードをお使いの様子のお写真が届きました。
まるでレストランのよう、なんて美味しそうなんでしょう♪
ありがとうございます!

IMG_6158.jpg

ワークショップは引き続き色々開催予定なので、お楽しみに!

story174 ■ラジオ
「antenna TOKYO ONGOING」

radiotokyofm.jpg

ホフディランの小宮山雄飛さんがラジオ「antenna TOKYO ONGOING」の取材でKOMA shopにいらっしゃいました。
自然体で素敵な笑顔の小宮山さん、一方の松岡はビール片手に対談。。。
写真にこそ写っていませんが松岡もまた自然体なのでありました。汗
放送は2月18日(土)22:00〜22:30 TOKYO FM
放送の内容はこちらから
http://www.tfm.co.jp/tyo/index.php?catid=2998&itemid=119813

 

 

 
 

story173■オープニングパーティ

IMG_7185.jpg

2017年1月27日大安
18時〜オープニングパーティを開催しました。
木槌ではなく、職人がいつも使っているげんのうで鏡開きをし、KOMA枡で乾杯〜!

IMG_7151.jpg

スツール等豪華景品が当たるじゃんけん大会は大盛り!
想定を遥かに超え、数百人という大勢のお客様に祝福していただき感謝の気持ちでいっぱいです。
紆余曲折ありながらもここまで来れたのは多くの仲間やお客様、
そして今までKOMAで働いてくれた職人達のお陰です。
皆様には引き続きものすごくお世話になると思いますが、今後ともどうぞKOMAをよろしくお願いします。


shyugou.jpg
 

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ