HOME > Diary > アーカイブ > 2016年2月

Diary : 2016年2月

2016.2.6 / 松岡家の子供達

【松岡家の子供達】


2000年 修行開始に産まれた長女。
2003年 独立の時に産まれた長男。
2009年 自社製品展開の時に次女。

新たな挑戦の時、踏ん張りどころの度に産まれてきてくれた子供達。
おかげさんで逃げないでいられた。
やせ我慢ができた。
ヤルしかねえって思えた。



思えば親父らしい事など何もしていない。
母子家庭のような状態だ。

俺が親父として彼らに出来る事は、ただ愛おしく思うことだけだ。

俺は俺でいっぱいいっぱいだ。

教えたい事なんて特に無いけど、ただ見て伝わってほしいと思う。


彼らに伝えたいのは、平等なんてものは無いってこと。
容姿、能力、性格、環境、生まれながらにどこにも平等は無い。

1日24時間。1年365日。
この時間てやつですら平等ではない。
与えられた時間と自ら選択し活動できる時間とでは全くの別ものだ。


いつも当たりまえに不平等で理不尽だ。
だからこそ人間は自由だということ。


何一つ嘆く事なんて無い。


夢や目標なんかに縛られないでほしい。
そんな小さなことの為に自由を失ってはいけない。

もっともっと大きな流れに沿って生きてほしい。

大きな見方をすれば、自分の根本は変えられない。
自分が出来る事や能力なんてそう多くはないし増える事もない。

与えられた自分の「分」なんてものは既に決まっていてこの先も動かしようが無い。

だから、どう足掻いても大きく未来は変えられない。
もう既に決まっているストーリーの中で生きていると思う。

全ての事はもう全部決まっている事なんだと思っている。

あくまで自分の「分」の中でしか生きられない。
分相応ってやつだ。

それに抗うと進めなくなる。
夢や目標がスムーズな流れの邪魔をする。

求めた自由は遠ざかる。

そんな事より今この瞬間を受け入れて大きな流れに身を任せること。
自分の出来る事、人から求めてもらえる事をただいつも一生懸命やり続ければいい。

そうやって自分と社会が繋がっていく。

それが自由に繋がっている。


だから見えない未来を怖がる必要は無い。

必ず繋がっていくからだ。


んで、いつか自分の生きる場所が見つかると良いなと思う。

水なのか大地なのか、それとも空か。

水なら海なのか川なのか湖か。
もしかしたら池や沼かもしれない。

憧れや理想なんかじゃなくて、本当に自分にとって心地の良いところ。

沼より大海の方がイカしてるように感じるかもしれない。
でもダメだ。
沼の生物は海では生きられない。逆も同じ。

自分は自分なのだ。

理想とは違うかもしれないけど、それを受け入れられた時に自由は無限に広がる。


自由とは社会と繋がれたことで、たった今この瞬間に無限に広がった選択肢。
自由を与えてくれるのは自らの分を全うする社会に対する責任だ。


職種の話じゃない。
もちろん立場やお金の話でもない。

心の在るべき場所の話だ。

もっと生意気を言えば魂の拠り所だ。

いつか、これの為に生きてきたんだと思える時が来る。

そうやってきっと天命ってのに出会えるんだとと思う。



とは言えこの親父もまだまだもがいている。

せっかく乗っかれた心地良い大きな流れについ抗って見失ってしまう。

まだ自分てもんが理解できていない。
納得しきれていない。

自分の小さな夢や目標に縛られてしまう。

でも、それでいいんだと思っている。

一生こんな感じかもな。とも思っている。


自己採点ようやく20点の俺が今思えることだ。

この境地に辿り着けた訳ではない。

何となくそう思い始めたということだ。



最近、中三の長女に言われた。

「お父ちゃんがお父ちゃんで良かった」
「あたりめえじゃん。自信あるぜ〜笑」と答えた。

俺は彼らに本当に感謝している。

カッコつけるためにやせ我慢ができた。
お陰でどうにかこうにか格好がついている。

2016.2.6 / 小佐野 玲

【小佐野 玲】


レイちゃんとよんでいる。

昨年10月に入社した新人だ。

年下の大先輩であるマイちゃんから毎日シゴかれている。

「遅えよ!ヤル気あんのか?本気出せよ!」などと25歳の男子が23歳の女子に言われているのを聞いていてつい下を向いてニンマリしてしまう。

実力至上主義において誰もが通る道で、俺にとっても懐かしく感じるからだ。


俺にも年下の先輩がいた。
現在は彼も家具工房を営んでいて今でも関係が続いている。


2年先輩で1つ年下だった。
最初、実力差は雲泥で相手にもしてもらえなかった。

新人の仕事は誰でも出来る単純作業の繰り返しが主となる。
普通に考えたら面白いワケが無いが、それをどのような意識を持って臨むかで過ごす期間と得る実力は全く違ったモノになる。

楽しみとヤリがいをどのように見出すかだ。

時間は解決してくれない。
10年やっても変わらない人もいる。

簡単なのは自分とのスピード競争だ。
全ての作業にタイムを設ける。
その基準は一回前の自分だ。

必ず超える!その為に本気でヤル。
単純に身体の動きの早さや慣れでは、いづれ頭打ちする。
そこからが勝負だ。
根本的な作業のやり方を工夫する。

日々の単純作業の中で1日何百セットと繰り返す。

その単純作業は反復練習として身体の奥まで染み込んで、その先の仕事のベースを創る。

そうやってこの期間を1年で終えた。
気が付けば単純作業では誰よりも早くなっていた。


そこから、彼とのライバル関係が始まった様に思う。

お互い少しタイプが違っていて、どちらかというと俺は段取りや効率を突き詰める方で、彼はとにかくパワープレイのスピードキングだった。

彼がノッてくるとビシビシと熱気が伝わってくるような凄みがあった。

お互い工場の中を移動する時はいつも走っていた。冬でも汗だくだった。

怪我がつきものの仕事だ。
お互いに当然経験がある。
「ヘッ!なに怪我なんかしちゃってんの?迷惑なんだけど〜」といった具合で心配し合うなんて一切なかったが、もっと深い所で繋がっていたように思う。

家具職人という世界を昇って行くんだっていう志で繋がっていた様に思う。



先日、久しぶりに彼と一杯やった。

そんな思い出話やこれからの事なんかを話して酔いがまわった頃。

「俺、今でもお前に負けてねえって思ってるから!」と突然に彼。
「俺だって負けてねえよ!そういやテメエは元先輩だったっけか?」と俺。

「先輩に元とかねえんだよ!先輩は先輩だろ!」
「独立したのは俺の方が先だろうが!今は俺の方が先輩なんだよ!」

などと取り留めの無いやり取りを笑いながら出来るのは、家具職人という同じ仕事をお互いずっと本気でやってきた事を知っているからだ。

同年代が同時期に同じ志しを持って同じ場所で切磋琢磨できるその出会いそのものが掛け替えが無い。

仲良しこよしではない。
認め合える仲間なのだ。

お互い具体的に何か助け合う訳ではないが、今でも踏ん張りながら本気で続けているってコトそのものがいつも支えになるのだ。

すっかり話がそれたが、レイちゃんとはまだ関係が短く、書く内容も無いってのが正直なところだ。

いつもおっとりしているが、鋭い一面もあって面白いキャラクターだ。
話すスピードもゆっくりだが、じっくり考えていることがその内容から伝わってくる。
大学の建築科を出ていて図面作成のスキルも備わっている。

楽しそうに話すレイちゃんの話はどれも聞いているコッチまで楽しくしてくれる。

そして、ダメな原因を外ではなく自分に向けられる人である。
中々これが難しいが自然と出来る人であるから成長も早いだろうと思う。



何かの縁があって今こうしてKOMAに集まった若い衆達も切磋琢磨して認め合える仲間になっていけるだろうと思う。

皆、それぞれ本気でやっているからね。



俺にとっても一緒にいてくれる若い衆達は掛け替えのない存在だ。

全面的に信頼して安心して付き合えるパートナーであり、仲間であり、子供でもある。

ありがたいと心から思える人たちに囲まれている。


そして、松岡家には3人の実の子供達がいる。

1

« 2016年1月 | メインページ | アーカイブ | 2016年3月 »

このページのトップへ