HOME > Diary > アーカイブ > 2016年1月

Diary : 2016年1月

2016.1.13 / 佐藤 竜

【佐藤 竜】


リュウタンとよんでいる。


まだ19歳の少年だ。

ついこの前まで高校生でキックボクサーだった。

ここのところ急成長中で、日本一働く少年だと思う。


KOMAの面接は書類選考を通過した人だけで行われる。
ありがたい事に募集枠に対して多くの応募がある。

時には数人同時の面接だったりもする。

しかも、面接に来る人には伝えていないから、その場で鉢合わせて皆驚く。

短時間で見抜こうと思うとこの方がかえって都合が良い様に思う。
互いが意識し合って、引き出される部分と消されてしまう部分が人それぞれに見えるからだ。


リュウタンの時も例に漏れず3人同時面接だった。

一人は木工経験者。
一人は美大卒でPC作業やデザインができる。
両者とも書類選考時の作品ファイルなどのクオリティーも高かった。

そして、リュウタンは工業高校卒業見込み。

まず、彼を呼んだ理由は作品ファイルがカワイかった。
格好付けて体裁を整えるだけのスキルが無いということもあるだろうが、一生懸命でウソが無い感じがした。

だから俺がどうしてもコイツ呼びたい。話してみたいと言った。

ただ、社内の前評判では他2人のどちらかでほとんど決まっていた。


面接で見るポイントは、どのくらい本気か?根性あるか?正直か?

この3点である。

はっきり言ってスキルなどはコレらの次だ。

ほとんどの場合、経験者と言え素人とそんなに変わらない。
よほどじゃなければ通用しない。
よほどのヤツなんてほとんどいない。

ある程度の技術は時間が解決してくれる。
だから、きちんと取り組む本気さと続けていける根性が大切だ。

そして、何より大切なのが正直さだ。

どんなに技術があったとしても誤摩化すヤツに仕事は任せられない。

100回の仕事の中で50回失敗しても全部正直に言って50回怒られれば良い。
ケツを拭くのも上司の仕事だ。
どんな失敗でも分かりさえすれば対処の仕方はあるし改善もできるから次に繋げられる。
だから、もう一度任せる事が出来る。

100回の中で1回の失敗でも隠すヤツはダメだ。
なんのフォローも出来ない。
大きな失敗に繋がる可能性がある。
その場合は会社のダメージもデカイ。
信頼が出来ないからもう二度と仕事を任せる事は出来ない。

だからクビだ。


若いうちは怒られるのが仕事だ。
失敗の責任が取れないんだから怒られる以外にない。

ただ瞬間的に怒られるだでイイなんて、これほど楽な事はない。
そんな責任すら逃げるヤツなんかにどうせ将来は無いから育てる価値も無い。



その点で彼は、ただただ正直な感じがした。
言い方を変えれば、育て甲斐があると思えた。



だからこの面接の人選に関しては俺がワガママを言った。

どうしてもコイツがイイ!と。


他の2人も良かったが、俺にはダントツでリュウタンが光って見えた。


あれからもう少しで一年。

俺の目に狂いは無かったと思う。
彼を選んで良かった。


最初の一年は本人次第だ。
失敗の繰り返しで自分の存在価値も見失う。
こちらは何も出来ない。
一定のラインを超えるまではチャンスも環境を与える事が出来ないからだ。

耐えてくれよ〜と思いながらただただ見守るしか無い。


よく踏ん張れていると思う。

そして最近、急に伸びてきた。
仕事も覚え、責任感も出てきた。

かなり早い方だと思う。


しかもまだ19になったばかりの少年だ。

俺が19の頃は実家を追い出され、頑張る事も知らず目標も何も無くプー太郎で一人暮らしをしていた。

あの頃の俺は今のリュウタンに口もきいてもらえないと思う。

履物はビーチサンダルしか無かった時期もある。

二百円のアルバイト情報誌が買えなくて、コンビニで電話番号を暗記して公衆電話で面接のアポとり。

電気もガスも水道も止められて部屋の中でも息は白く、公園と部屋を往復して風呂に水を溜める。
その水は貴重だった。
身体を流し、洗濯をし、最後はトイレのタンクに。

しまいには、その土地の暴走族に部屋まで乗り込まれたりもして散々だった。

ため息しか出ない毎日。



それに比べて目標に向かって仲間と共に一生懸命なリュウタンとのあまりの差にビックリする。

当時の俺には逆立ちしても絶対に出来ない事だった。

仕事に失敗して落ち込む彼を見ていて「スゲエな〜」と思う。
だって頑張ってなければ落ち込む事はないもんね。


10年後のリュウタンはどうなっているだろうか?
間違いなくKOMAの看板の一人になってくれているだろう。


そして、彼にも年上の後輩ができた。

2016.1.13 / 平塚 剛史

【平塚 剛史】



センセイとよんでいる。


大学の建築科を出ていて建築士、木工技能士などの資格を持っているからだ。

だからCAD図面など朝飯前だ。

建築の現場監督や家具職人など社会人経験も豊富だ。

宮崎県出身の30歳。

姉妹に挟まれた長男で幼少期に角という角、牙という牙を全て削られたと本人は言うが、負けず嫌いで意地も根性もしっかりある。

プライドばかりが高いヤツっていうのは箸にも棒にも引っかからないが、無いなら無いでそれに伴って意地も根性も無い人っていうのも多い。

センセイの場合は下らねえプライドだけが丁度良く削られたのだと思う。



2014年の12月に面接にやってきたが、俺はすっかり忘れていて、とある忘年会の予定を入れてしまっていた。


急遽、忘年会が面接の場となった。


40名ほど集まる賑やかな忘年会で、ミス日本橋など奇麗どころの集うテーブルにセンセイを座らせた。

「あとよろしくね〜」

放ったらかして俺はさっさと他のテーブルへ。


数時間後

「ゼッタイ採用〜」と彼女達。

「OK!んじゃ採用で!」

コレで決まった。


いいかげんに思われるだろうが、結果的にコレが実に良い面接となった。

知らない人たちとの初めての席での社会順応性。

長いものには巻かれろ。
郷に入っては郷に従え。

社会人はまずコレであると思う。

そんな事も出来ないヤツにちゃんとトンがることなんて出来ない。
だってそのための素養は自らが構成した環境と人が与えてくれるからだ。

カタ破りっていうのはカタがあってこそ。
カタが無いのをカタ無しって言う。

トンがるっていうのは、ココだけは!って一点に関してだけで良い。
言い方を変えれば、その一点を持ってる人の方が少ないからそうならなくていい人がほとんど。

だからその一点を見つけるまでは巻かれて従いながら順応するのが正解。

何も無いのにトンがってるとハリネズミの様な状態になるが、品格に欠けてみっともない。
まあ少し前の俺の事だが。。。笑



話がそれたが、とにかくセンセイはあらゆる面でKOMAにとって必要な人材だ。

まずは元々持っている図面作成や構造把握などのスキル。
これにより俺や亀井が多くの業務から解放されて新たな挑戦に向かえる。

明るく温和な性格は全体に良いムードメーカーになってくれる。

彼の社会人経験は会社としてまだまだ未熟なKOMAに多くの改善をもたらしてくれる。

そして、まともな社会人経験を持つ者がいないKOMAメンバーに社会人として当たりまえの事をきちんと体現してくれる。



先日、自分が体調を崩した時に思った。

人間いつどうなるか分からない。

医者にどうしたの?ボロボロだよ?って言われた。
健康、頑丈だけが取り柄に思っていたからビックリした。

今日の帰りに事故に遭うかもしれないし、大きな病を煩うかもしれない。

そんな事を考えて生活していてもしょうがないが、可能性としてはゼロじゃない。
そして、何が起っても生活をしていかなければならない。

でも、俺は不安じゃない。

俺に何があっても支えてくれるだろうと思えるし、俺も支えたいと思える仲間がいてくれるからだ。


仲間さえいれば大丈夫だ。
何とかなる。
何とかしてくれる。

何よりも掛け替えのないものは仲間なのだ。


俺たちは社会で生き残るために集まった一つの群れであると思う。
開業から1年で50%の会社が潰れる。
10年残るのは5%と言われている。
熾烈な生存競争の中で生き残るために、群れを中心に互いが役割を全うし仲間を支える為に責任を果たす。
コレが仲間だ。


まだ一年の付き合いだが、センセイも全面的に信頼のおける掛け替えのない仲間である。

彼とのストーリーはまだまだこれから創られていくのだ。


そんな彼になついて「平塚さんと一緒に住みたい」なんて言ってるヤツがいる。

19歳になったばかりの佐藤竜だ。


2016.1.3 / あけまして

自分で才能ってもんが無いなあと実感することが多い。
特にセンスってことに関していうと皆無だ。
だからプロ、アマに関わらず誰かが作ったモノや撮った写真、描いた絵などを見て「スゲエな〜真似できねえな〜」と影響を受ける事ばかりである。

でも家具づくりが好きだ。
最近はまた、本当にそう思えるようになってきた。
残念ながら純粋にそう思えない時期も長くあった様に思う。


お正月は俺も大義名分でお休みだ。
ただ、一番やりたい事がたまたま家具づくりだから好きで勝手にやっているだけで、あくまでお休みだ。
だから自分的に失敗しても段取りが狂っても何でも許せるお気楽な数日だ。
プロとしてでなく純粋に好きだから作業ができる大好きな数日だ。

才能もセンスも無えのに、気合いと根性だけでプロでいるってことはとっても大変なのだ。笑



昨年は仲間達や先輩達に多くの機会と環境を与えてもらえたおかげで、自分にとって気付きの多い一年だった。



つい先日の年の瀬にフッと何かが抜ける感じがして「オレはロクでもねえボケだな〜」とガッカリした。

一番になりてえとか、勝ったとか負けたとか。

今まで頑張る目的の最上位にあったものがどうでもよくなった。


「最高の家具を創って、最高に喜んでもらって、最高にカッコ良くある。」

KOMAの理念だ。


最高の家具が創りたかったら、それと相等の知って、見て、買ってもらえる環境が創れなければただの自己満足でしかない。

歴史の無い俺たちにとって実績が一つの裏付けとなり環境を得る。
その為には職人としてプロジェクトに選抜してもらえるかどうか。
作品がプランに選考されるかどうか。
などなど、実績を積む為にはライバル達と比べられる機会も多いのは事実だし、その結果が次の環境を創るのも事実だ。


だから、KOMAの理念を叶えるために最高の環境を得るまで勝ち続けて一番になる事が頑張る目的になった。


理念を叶えることが目的?
逆じゃない?

理念は活動の根幹だろ?

理念を持って何をするのかじゃないの?


俺たちの理念は、関わってくれるみんなと一緒に喜びを得るためにあるのだ。
それが頑張る目的だ。

その為には得なきゃならない環境もあるし、勝たなきゃいけない時もあるってだけだ。


まさに本末転倒だった。

こだわるべき結果は、勝ち負けじゃない。
みんなと一緒に楽しめてるかどうかだ。
勝ち負けは、楽しむ為の過程の一つだ。


当たりまえのことに気が付くのに時間がかかった。

毎度のことに自分で嫌になる。

でも気付けて良かった。




あとは単純に、若者よ大志を抱け。
で、修行スタートに俺はまず日本一の家具職人になる事を抱いた。
数年前から、んなもん無いんじゃない?と薄々気付いていてが、

若い自分が抱いた大志を簡単には裏切れないとの気持ちも勝ち負けにこだわる理由の一つだと思う。


2015年は本当にありがたい環境に恵まれた。
関わって下さった方々の御厚意で沢山の機会を与えてもらった。

経済産業省wonder500選抜。
paris design week選抜。
ミラノ万博ジャパンサローネ展示。
林野庁wood design award 奨励賞。
林野庁wood furniture award japan選出。paris展示。
百貨店でも色々な事に参加させてもらった。
若い衆と一緒にTVで特集もしてもらった。

本当にありがたい。



それで、年の瀬にふと思った。

環境や機会を得ることを結果とするなら、今はオレが日本一の家具職人か?と。

修業時代にたてた目標はこれのコトか?と。

イヤ。これでイイじゃん!と。

俺より巧い家具職人なんて俺が知らねえだけでいくらでもいると思うし、売上が高い会社もいくらでもある。

評価には色んな尺度や角度があるから、こんな事を言うと「ナニ言ってんだテメエ!」と彼方此方から叱咤の声が聞こえてきそうだが関係ねえ。

機会に選択してもらえたって事に関して焦点を合わせれば、企業も個人も含めて紛れもなく俺とKOMAが一番だ。

だからもうコレでイイじゃん。

べつに俺の実力じゃない。
仲間達や先輩方に、ただ時間と機会を与えてもらえただけだ。

でも納得してくれ。若かりし俺。


家具のジャンルも加工技術も得意分野は人それぞれだし、自分一人で得られるものなんて何も無い。
だから一番なんてそのものが存在しない。

勝手に俺がこしらえた幻だ。

ただただ、ありがたいだけじゃん。。

それに自己採点15点の俺ごときが得られる結果だ。


だからもうコレで勘弁してくれ修業時代の俺。
コレで約束を果たした事にしてくれ〜





だけど一つ。

おかげさまでスゲエ自信がついた。

才能もセンスも無いけどゼッテエ負けねえっていう執着と根性だけでも何とかなる。
認めてもらえる。って思えた。

それもこれも関わってくれる人たちのおかげだ。

そしてあらためて思う。

己を囲む人こそが己の価値そのもの。

俺も周りの人にとっての価値になれたら何より嬉しいと思う。


でもやっぱり負けるのは大嫌いだ。


自分が命を懸けて頑張ってるんだったら世界中の誰にも負けたくねえと思うのは本能として当たりまえだ。

ただ、勝つことが目的じゃない。
その先の本当に大切な目的が見えたってだけのほんの小さなこの一歩が大きな一歩だ。

勝負のためのモノづくりじゃなくなるってことがこの先の家具づくりに必ず良い影響がある。

ガキの頃から放っておけば一日中、何かを作ったり描いたりしていた。

ずっとモノづくりが大好きだったからこの職業に就いた。

窓から差し込む光を背中に作業をする親方衆が眩しかった。
彼らが逆光の中、技を振るって木屑が舞う様にシビレた。
いつか俺もあそこに!純粋に憧れた。

また思い出した。

遠回りしたなぁとも思うが、今はあの頃よりもっと深いところで好きになれた気がする。

だから15年で15点の自己採点はイッキに20点にしてあげようと思うのだ。

ここが本当のスタート地点だ。
やっと辿り着いた。

もう競わなくてイイ。


俺はこんな親方だ。
若い衆には迷惑をかける。
気付きの大きな要因として若い衆の影響もデカイと思っている。
そう思える立役者の一人が平塚剛史だ。

1

« 2015年12月 | メインページ | アーカイブ | 2016年2月 »

このページのトップへ