HOME > Diary > アーカイブ > 2017年12月

Diary : 2017年12月

2017.12.29 / KOMA-1グランプリ

社内デザインコンペなんていったら大げさだが簡易的にそれらしき事をやってみた。
定期的な月に一度の飲み会で乾杯から最初の1時間に行う余興だ。
ルールはA4の普通紙に1人1案の一発勝負。
プレゼン時間は1人3分。
優勝賞金1万円。
KOMA shopで使う備品や小物から新人でも参加できそうなお題を店長が決めて審査まで行う。
大喜利に近い感覚で盛り上がることが目的である。

今回は「傘立て」


shopの備品と言えどできれば「いくつか作って販売できる物にしたい」

ようするに値段をつけたいということだ。

プロと趣味との根本的な違いが生じる。

こうなると急にものづくりが難しくなる。




親方の役割としていろいろ迷ったが第一回はあえて「ムカつく勝ち方」ってのを見せる事にした。


世の中の「勝ちにくる人たち」ってどれくらいマジでぶっ潰しにくるか、今後のKOMA-1GPをもっと盛り上げる為に半分遊びだけど真剣勝負の基準になればとの思いからだ。


今回はみんなが出してくるアイデアを予想して片っ端から理屈でつめて消去法で排除する提案だ。
なんと言ってもテーマはムカつく勝ち方だ。




まず条件を考える。

傘立てだ。
屋外使用の可能性もあり、そもそも木は水との相性が悪い。
椅子などのように座り心地などの分かりやすい差別化が出来ない。

劣化の可能性が高く組んだり接いだりの加工はNG。
狂いやワレ、カビの可能性が高く板を使うのもNG。

せっかく手間を掛けて良いモノを作ってもすぐに劣化してしまいクレーム対象になる。
また、KOMAにとっては数が出る商材ではないから在庫を抱えるのも、鉄など異素材の外注を使うのもNG。
塗装でコーティングというのもKOMAでやる仕事ではない。


こうなるとKOMAでつくる傘立ては成立しない。

あらゆる面でリスクが高くウチにはそもそも向かない商材だ。


それぞれみんな面白かったが予想どおり直球の木製傘立てを提案して来た。
これで出揃ったみんなのアイデアは全部NGだ。


さあここからが本番。

おおトリで俺のプレゼン。

少し話が脱線するが、
材質の特性だったり予算だったりと理由は様々だが、今回のようにデザインが成立しないという事は珍しくない。

そんな時は、例えば「椅子」のデザインではなく「座る道具」のデザインとして考えると幅が広がり、固執しないで発想が自由になる事がある。


今回の傘立てはウチが木で作るにはリスクが多いが「傘を置く道具」だったら可能性はいくらでもある。


だから「傘立てそのものは作らない」

壁に外壁用の両面テープで木の突起を付けてそこに笠の柄をひっかけるだけ。

組手も接ぎも無いから壊れない。
物が小さいから狂いやワレのリスクが少ない。
安価で数年してダメになったら付け替えればいい。
お客さんが欲しい寸法や形にオーダーで応えれば良いから在庫リスクも無い。

あらゆる面のリスクが回避できる。

なんとなくこんなイメージだ。
(詳しくは実際にKOMAshopに取り付けてからお伝えします。)



何れにしてもジャッジはKOMAshop店長の久美さんだ。

だけどもう答えは見えている。

売る人にとって劣化などの品質に対するリスクは絶対に避けたい。
主力商品でない物の在庫リスクも避けたい。

「え〜それだけ〜?一生懸命考えたのに〜!」と肩透かしを食らったような若い衆。

「んなもん何回転も考えてのコレなんだよ!笑」


これは単純に経験値の差というやつだ。



1万時間の法則なんていうのを聞いた事がある。
才能を開花させるのに最低限必要な時間だ。
毎日8〜10時間で約3年。

最低限これをクリアしなければどんな才能も開花しないという事らしい。

たった3年で?
そりゃよっぽど才能のある人に限ってだと思う。

俺の場合もう18年になる。
結構みっちり6万時間やってきたつもりだが、その分だけは出来るようになっただけで今のところ才能が開花した様子はない。

修行を始めた頃「お前は才能がないから他の仕事をした方が良い」と親方衆からよく言われたが、なるほど納得でその通りなのだろう。

だけど続ける根性さえあれば好きなことやってメシが食えるようになる。
この18年で知ったことだ。


ただ「良い家具が作れるようになりたい」と最初からずっと変わらず今でも同じように思っている。




優勝賞金の1万円は
「松岡さん会社の経費つかい過ぎ!」
武内マイちゃんの一言で、俺の財布に入る前に没収されてしまった。


来月のKOMA-1GPのお題は「ゴミ箱」らしい。

また本気で勝ちにいこうと思う。





写真は、KOMA-1GPと同時に行った佐藤21歳の誕生会。

毎回みんなそれぞれ誕生会のプレゼントはかなり気合いを入れる。
今回は上着、バッグ、ヘルメット、インテリア小物、オイルライターなど。
写真にもあるようにかなり豪華だ。

だから「何にするの?もう決めた?」なんて本人にバレないように相談しながらけっこう悩む。

貰う方はもちろん選ぶ方も楽しいイベントだから今後も程良く続けていきたいと思っている。

2017.12.17 / ADさん

TVの密着番組の打ち合わせに制作会社のスタッフさんが工房に来てくれた。

可愛らしい20代前半の女の子だ。
名刺にはAD(アシスタントディレクター)と書いてある。

普通はディレクターさんのアシスタントとしてついてくるのが読んで字の如くADさんだ。

でも今回はADさん1人だけ。


「えーと、えーと。。何から話せば。。とにかくこういうの始めてなんです。。」となにやら緊張した様子の彼女。

話はこうだ。

以前ウチの武内マイちゃんを中心に取り上げていただいた「7ルール」というTV番組をたまたま観たらしい。
厳しい職人の男社会で奮闘するマイちゃんと、やはり同様である番組制作の現場で働く自分の姿が重なったようだ。

「同じ歳なのに武内さんは活躍しててカッコ良くて、私は下っ端の一番下っ端で、とにかくこのままじゃダメだと思って。。」

そこで彼女は一念発起して自ら番組の企画を創ろうと思ったらしい。

「誰にも求められてないんです。下っ端の私のチャレンジなんて。」

どうせなら自分が影響を受けたKOMAで密着番組を創りたいと考えてくれたらしい。

企画を上司にぶつけてみたら「1人で行ってきてみろ」とチャンスを貰えての今日なのだ。


なんとも嬉しい話である。



そうして打ち合わせが始まった。


「KOMAってなにがスゴいんですか?」と彼女。
聞かれてもどう答えて良いか分からないタイプの質問にとまどいながら

「大量生産と工芸の違いってわかる?」と俺。
「う〜ん。。なんとなく。。」

「職人が手で創った作品を理解してもらうのって難しくて、、えーと、、一般市場の中で認知してもらえてて、、それには評価とか実績とか必要で、、みたいな?」

「すみません。それのどこがスゴいのかわかりません。。」と彼女。

「そうだね。。えーとなんだろうな。。。」

正直で気持ちがいい。
何よりちゃんと自分が理解して上司にKOMAの良さを伝えようとしてくれている熱意が嬉しい。

でも説明するのが難しい。



こんな調子で2時間ほどの質疑応答と製作の実演などをした。

人に理解してもらう難しさをあらためて知って勉強にもなった。



数日して彼女から電話がかかってきた。


「上司にもっとKOMAのこと伝えたくて!だから追加で質問があるんです!」

どうやら彼女の企画書が好評だったようで、一段階上の会議に臨むための追加資料が必要とのこと。

「おー!彼女スゲーよ!!」
なんだか俺たちKOMAメンバーも盛り上がる。


また数日して電話がかかってきた。

しかし、なんだか浮かない声。

「いい番組が創れそうだ!」
上司の評価も上々で次々と段階をクリアしていったそうだ。

社長参加の会議まで漕ぎ着けて「よし!これでいこう!」と決まりかけたところで問題発覚。

以前にKOMAが取り上げていただいた番組と今回のスポンサーがバッティングするという理由で企画は一瞬で白紙になってしまった。

残念だけどチャレンジのほとんどはこんなもんだ。
一度の挑戦ぐらいじゃ環境もきっと変わらない。
ただ自分の内側で何か少し変わるかもしれない。
それが達成感でも敗北感でもそんな事はどっちでもいいのだ。
チャレンジの結果を受け入れた経験の積み重ねが環境を変えていくと思う。


「下っ端の自分のチャレンジなんて誰からも求められていない」
彼女の言葉が印象的だった。
少なくとも彼女の上司はその挑戦が嬉しかったはずだが、でも確かにそのとおりだと思った。

誰だって最初は下っ端で誰からも期待なんてされない。
それでも続けていれば少しずつ期待してくれる人が増えてきて、それに応える責任が自由を与えてくれるような気がする。

チャレンジなんてのは、自分が納得できないとか誰かに褒めてもらえたら嬉しいとかそんな理由で勝手にやるもんだ。
なにかのせいにしてストレスを溜めるなんて馬鹿々々しいし、諦めてしまうのはもったいない。

居酒屋で上司、会社、政治とどこまでもスケールアップしていくグチで盛り上がるオッチャンも夜の街の風情としては悪くないが、なんかスゲー疲れそうだし出来ればそうはならない方が良さそうだ。




残念そうな彼女だったが、最後にこんなことを言ってくれた。

「松岡さんカッコ良くて!だから私が密着番組を創るからそれまで待ってて下さい!」
マジ嬉しすぎる。
若いお嬢さんにそんなこと言ってもらえるだけで家具職人やっててよかった。


過去が今を創るけど、過去の半分は今が創ると思っている。
苦い思い出の半分くらいは今が良ければ笑い話になるからだ。

「いつかの彼女にガッカリされないように」
それだって十分チャレンジの理由になる。

そして本当に実現したときの打ち上げはたいそう盛り上がるだろう。

そんな未来を想像できる出会いがあるからやっぱり仕事は面白い。



上写真は12月の一週目にしていた仕事の中で一番覚えている事。
tie chair2017の特注品を製作中。
椅子の仕上げに用いる小鉋や小刀などの刃物の使い方がまた少し進歩できたことを半年ぶりに実感できた。
それを武内マイちゃんに教えているところ。

2017.12.9 / KOMAの目標

前回記事の〆に軽い気持ちで次回は「KOMAの目標」なんて書いてしまったが、
KOMAの目標は?あらためて考えると適当な答えが見つからない。
代表者としてはよろしくないが、考えに考えて6ヶ月見つからないのだからとりあえずは具体的な目標なんて必要ないという結論に至った。


この15年。生き残るための課題や目標をクリアしていく事に懸けてきたように思うが、その結果なにを得て、これからなにを得たいのかがいまいちピンとこない。


創業からの相棒である亀井に聞いてみた。
「俺らも今年で40だけど、この15年どうだった?」

椅子にのけぞりながら頭に手を組んでボケーと天井を眺めている俺の真向かいで眉間にシワを寄せながらキーボードをたたいているような状況でも、嫌な顔ひとつせずに手を止めて付き合ってくれるのが亀井だ。

亀井の答えはこうだ。

「俺には今のKOMAなんて想像できてなかったし、こんなふうに成れたら良いなぁって夢みたいに思ってた事が出来てるよ!だってそうだろ?!」

亀井が笑いながらつづける。

「好きな家具が創れて、イイ仕事を沢山貰えて、直営店があって、お客さんは北海道から沖縄、海外からも来てくれて、面接希望の資料がいくつも届いて、賞なんかもいただいて、雑誌にラジオにTVだよ?!最初の頃やってた仕事覚えてる?あそこからの今だよ?想像ついた?笑」


言われてみれば確かにそうだ。

個人的には、同業の家具職人の方が最近よくKOMAshopに来てくれるというのも凄く嬉しいことだ。
もしよかったら隅々まで見てもらいたいし、もし少しでも彼らの家具づくりの刺激になれるなら本望だ。
逆にガッカリされないようにもっと頑張ろうと思える。



KOMAのスタートなんてヒドイもんだった。
「好きな仕事して自由に生きるってカッコ良くね?!」程度のものだった。

そんなんだからかすぐに地獄を見た。
まず仕事が無いし、あっても安くて徹夜でやっても稼ぎにならない。
お互い家族もいるのにメシも家賃もガソリン代すら払う金がなくて何も出来なくなって喧嘩して1年で解散したのだった。

もっと思い出した。
そもそも会社に勤める事すらまともには出来そうもないと高校生の時には理解していたから結果的に職人になったのだった。

もともと選択肢なんてなかった。


「確かに。俺らにしては上出来だな。」

「そうだよ!本当にありがたいことだな!」
と満足げに言う相棒を見ていると、お陰さんでドロドロと溜まっていた澱が下がるのを感じる。


やたら感謝感謝というのも胡散臭いが、自分の中の「感謝」という言葉になにか気持ち悪い違和感のようなものが無くなる度に少しは人としてマシになれたような気がする。


「目標が見つからない」なんて偉そうに言っているが実はそんなモノは最初から無くて、どうにかギリギリ出来る事をやっていたら知らない間にチャンスもタイミングも誰かが運んできてくれた事ばかりだとあらためて思う。

これからも俺たちは、もっともっと良い家具が創れるように技を磨くだけでいい。
少し背伸びしたチャレンジをして、当たり前の事がもっと当たり前にできるようになっていけばいいのだ。

だから具体的に目標など持つ必要はない。

こうなれたら楽しいとか、嬉しいとか、カッコイイとか、それがそのまま目標でいいのだ。


「で?楽しみまくったその先は?」と亀井がニヤニヤしている。

「野球少年だったらメジャーリーグの殿堂入りだろ?ギター小僧はグラミー賞か?」

「お〜!じゃあ俺らみたいな工作小僧は?」と亀井。

「家具の世界史にその名を刻むトップブランドの職人集団だろ!やっぱ成り上がった分だけ楽しめそうだろ?」

「20年後かな?その時の乾杯はヤバい楽しそうだな〜笑」とやはり亀井は満足げである。

昔ばなしと未来のバカ話で楽しい今夜があるのだからそれでイイのだ。

とにかく俺たちは四の五の言わずに家具をつくりまくるだけでいい。

こんなシンプルなことに半年もかかっちゃったけど、とりあえずはスッキリ解決だ。


前回の記事で「次は海外展開スタートだ!」なんて勝手に言っていたら、本当に上海の会社さんから嬉しいオファー。

え?マジで?とにかく本当にありがたいっす。

楽しそうだからがんばります!



話は変わるが、こうして書いているこの記事の目的は親方の目線を通してKOMAの素性を少しでも知ってもらえたら嬉しいということだが、こんなに進まないんじゃそもそもやる意味が無い。

今後はその週の印象深かった事をなんとなく書いていこうと思う。

1

« 2017年6月 | メインページ | アーカイブ | 2018年1月 »

このページのトップへ