HOME > Diary > アーカイブ > 2016年4月

Diary : 2016年4月

2016.4.17 / 製造業の苦楽

【製造業の苦楽】

ヤリ続けてきた事で賞状をいただくっていうのは素直に嬉しい。
何だか子供の頃より大人になってからの方が余計に嬉しく感じるのは、続ける事の難しさと同時にありがたさを知れたからだろう。

だから職人として良い時代に生まれたなぁと思う。

大親方(89)は戦後から高度成長期を経て、あれが製造業にとって最高の時代だったと言う。
モノが無いから作れば売れたらしい。

どの時代に生まれても一生懸命に過ごした人にとっては自分が生きた時代がサイコーなんだろう。

2000年に社会人になって基本的にいつも不景気と言われているが、それしか知らないから実感がない。

俺にとっては今の時代が最高だ。

作れば売れる時代なんて面白くない。
「モノが無いから売れる」なんて売れる理由としてつまらねえ。
「何でもイイんだ。とりあえずそれちょうだい」なんて言われたらちょっと悲しい。

どうせなら、「気に入った!」と多くの選択肢の中から見つけて買ってもらえたらスゴく嬉しい。


今はモノが溢れ、製造業にとってはモノが売れないと言われるが、ユーザーにとっては海外ブランドから国内の地方産業まで無限の選択肢を得て、こだわりや趣味の幅も大きく広がり、よりワガママにじっくりモノが選べる時代だ。

目の肥えた消費者に向けて新しいモノやサービスが次々に出ては消え、目紛しく淘汰されていくが、マーケットそのものは無限に広がっていくようで面白い。

その中から選んで買ってもらった一つ一つが本当にありがたいし嬉しい。

今は、そんな嬉しいことがたくさん感じられる時代とも言えるのだ。
俺みたいな根っからの高慢ちきでも素直にありがたいと思える時代なのだ。



角度や尺度は様々あるが、何れにせよ「良いモノを作り続ける」っていうのはいつの時代も難しい。

ちょっと前からサステナブルなんてよく聞くが、持続可能ってのは「無理なく」っていうのが大きなキーワードになるのだろう。

無理なく健全に歪みなく会社を運営して生き残っていけるなら誰も苦労しない。

だから何事も「続ける」っていうのは難しい。


小さな製造業が大きなマーケットの中で自立するのは無理の連続だ。

時間も金も労力も何にも余裕が無いなかで、何度も失敗しながら自社製品の開発をする。
その次は最低限の準備として売れる保証のない在庫ストック分を材料費をはたいて作る。
限られた予算を切り詰めながら発信、営業、販促。
一銭にもなっていないのに経費ばかりが先行する。

超無理で不健全だ。


それでも挑戦したいと思えるのは、サイコーに可能性に溢れた楽しい時代だからだ。

何事も無理の連続を経て、少しづつマシになっていくものだと思う。


マジの職人にしか創れない「本物」を創る家具メーカーとして成長していきたい。

だから、一つの家具メーカーとして評価してもらえた今回の受賞は嬉しかった。

飛騨産業、天童木工、カンディーハウス、カリモク、アルフレックス、宮崎椅子製作所など名だたる大手メーカーの中に俺たちみたいな小さな家具工房が混ざれた事が嬉しい。

それもこれもこの時代のお陰様々だ。


2016.4.6 / バトンを繋ぐ

【バトンを繋ぐ】

ガキの頃から一番の遊びはものづくりだった。
遊びがそのまま仕事になるってのは幸せな事だが、キライにならずに続けていくってことは案外難しいように思う。

飯を食う為のオシゴトになってしまうからだ。

ただメシ食って寝るだけじゃダメなんだろうか?
生きる意味や意義って、目標や目的って必要だろうか?
ダメじゃないし必要ないと思う。

ただ、楽かどうかだ。
苦しいだけならやめればいい。

苦を楽にするために目標や目的が必要なのだと思う。

ごく一部の本物の天才を除いた俗に言う才能ある人っていうのは、苦しみの先を上手に見出すクリエイションが出来てる人だ。


今、得ている全て。
衣食住、生活に必要な物質も、生命としての肉体も、人としての精神も、全て誰かに繋いでもらったものだ。
自分一人で手に入れたものなど何一つ無い。

与えられた環境の中で、繋いでもらった肉体と精神を持って生かされている。

大きな流れの中であらがう事も出来ずにただ生きていく事に変わりはないが、命以外の物質や精神を繋ぎたいと願うのは人間が持つ邪(よこしま)な考えなのだろうか?

自分の生きた証を残したいと、爪痕を刻みたいと努力する事は、人間特有の下らないエゴなのだろうか?

生きて命を繋ぐというのは動物の本能だ。
より良い環境を求めて活動するのもまた動物の本能だろう。
本能には邪な作為もエゴも無い。

そうやって得た環境を仲間と共に喜び、共有して次の世代に繋ぎたいと純粋に思う。

社会に対して自分たちが出来る事はしていきたいと思う。


【最高な家具を創って、最高に喜んでもらって、最高にカッコ良くある。】
家具づくりを通じて、仲間達、お客様、未来の後輩、そして俺たち自身も、
みんながワクワク出来る様な挑戦をし続け、心に響く音楽みたいな家具を創る
サイコーにイカしたロックバンドみたいなカンパニーであること。

これがKOMAの企業理念だ。



ガキの頃から作ることが好きだった。

ゲームなどは一切ヤラずに粘土、折り紙、LEGO、彫刻、プラモ、ラジコンなどなど、ありとあらゆる工作をやったように思う。

そこには自由なクリエイションと喜びがあった。
それがそのまま大人になった。

だから、ものづくりを通じて一生ワクワクしていたい。


自由なクリエイションがない下請けじゃなくて。
クラフトとして、ニッチなマーケットで細々と貧乏しながらじゃなくて。
好きなものづくりでどうにかメシが食えてるなんて自己満足じゃなくて。
社会的な結果を見せたい。

小さな製造業でも大手メーカーのプロダクトとメジャーなマーケットで渡り合いたい。


工業製品ではなく、本物のクラフトマンシップのあるプロダクトというジャンルを一般市場の中でもっとキチンと確立したい。
そして、より多くの人に触れて喜んでもらえたら嬉しい。

運命に身を委ねながらも常に自ら選択する挑戦者であり続けたいし、開拓者として先頭を走りたい。


思ったように行かない事ばかりで毎日もうやめたいと思うけど、
その苦楽の中にこそ本能的に喜べる何かがある。

今、自分たちに出来る精一杯の積み重ねが創れる何かがある。

そうやって先輩達が繋いでくれたバトンを今度は俺たちなりのカタチにして次の世代に繋いでいけたら嬉しい。

1

« 2016年3月 | メインページ | アーカイブ | 2016年5月 »

このページのトップへ