HOME > Item > Storage > cocoda living board

一覧へ戻る

cocoda living board

NY PRODUCT DESIGN AWARDS 2022 金賞受賞

前作のCocoda cabinetに続くシリーズ第二弾。
 
通常、収納家具の設計は箱を中心に考えるのだが、前作と同様に脚とフレームで構成する椅子の設計方法に着想を得て、平面的ではなく立体感のある造形的な収納家具を目指した。
 
作り手の都合は無視してこだわりを優先させ、さらに手間と面倒を盛り込んで職人泣かせの設計にした。
そんなふうにしてまたしても収納家具には珍しい複雑な角度とカーブだらけの図面が完成した。
 
前面部の平扉と引出しの木目を合わせるために、まず無垢材で一枚の板を作ってからパーツを切り出している。そして左右の扉の分かれ目にちょうど板目が来るように木取りをすることで一枚の板であった事を強調している。
天板は鉋でシェイプして柔らかみと鋭さを同時に表現し、脚との繋ぎは椅子の脚と笠木の仕上げと同じように刀で削り出して一体感を持たせた。
無垢材に角度をつけて丸くなるようにハギ合わせた扉は、成形合板のツルッとした円ではなく無垢材ならではの角を残した仕上がりにすることで、立体感のある陰影が家具全体のアクセントに。そこに削り出した取手を埋め込む。
そして扉や引き出しの開閉の仕方や丁番にもこだわり、ゆっくりと閉まるソフトクローズ機能と超アナログな無垢材の木製家具とのギャップ萌えを狙った。
棚ダボは経年変化も楽しめる削り出しの真鍮で、金物を留めるビス一本にも気を使った。
 
ちょっとしたカウンターとしても使えるように天板トップはH950㎜。左右の収納部分は棚板をセンターに設置した場合、上下共にA4サイズが収まるサイズを確保して、可動棚を上下させたり取り外すことで最大高640㎜まで収納できる。
脚下は、お掃除ロボも通れて掃除がしやすい高さとしている。
size W1600 D450 H950  
material cherry / walnut
price cherry
¥897,000+tax

walnut
¥987,000+tax
designed by Shigeki Matsuoka
注意事項 ※納期:5ヶ月前後
※木目、色味等、表情が一点一点異なります。天然木ならではの個性、表情、経年変化をお楽しみください。
※形状、サイズに若干の個体差がございます。
※十分に乾燥された木材を使用していますが、天然木がゆえ若干の動き(接ぎ目の小さなズレや反り等)が生じる場合がございます。
※保証期限は納品日から1年間です。製造過程、構造上の欠陥により破損した場合無償で修理致します。不適切な取り扱いや不注意による破損、直射日光や暖房機器の熱などによる変形、変色等は対象外となりますのでご注意ください。

Contact

一覧へ戻る

カテゴリ:

このページのトップへ